読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常報告レポート

Twitterの延長で使っていきたいと思います。

2016年 アレサ大賞

〈アレサ大賞〉

f:id:dd-y-kaze:20161231202039j:plain

ゲーム、マンガ、アニメ、その他もろもろの分野において、あくまで私アレサの中で2016年を代表する活躍をされた作品、人物に贈られる賞になります。

 

 

1.地上波アニメOP部門

PUNCH☆MIND☆HAPPINESS ー アニメ「あんハピ♪」主題歌

 

www.youtube.com

 

2.地上波アニメED部門

ALL OFF /リフレインボーイ ー アニメ「モブサイコ100」エンディングテーマ

www.youtube.com

3.地上波アニメ挿入歌部門

坂本真綾 /ロマーシカ ー アニメ「あまんちゅ!」(12話)挿入歌

f:id:dd-y-kaze:20161231184908j:plain

 

4.アニメ作品部門

あんハピ♪

f:id:dd-y-kaze:20161231185116j:plain

天之御船学園の1年7組に在籍する花小泉杏、雲雀丘瑠璃、久米川牡丹、萩生響、江古田蓮の5人は、"負の業"すなわち不幸を背負った女子高生である。担任の小平先生の提案で「幸福(しあわせ)」になるために高校生活を送ることになる。

6.イベント部門

がっこうぐらし!スペシャルイベント 巡ヶ丘高校 グレート文化祭!

f:id:dd-y-kaze:20161231190533j:plain

アニメ「がっこうぐらし!」放送記念として開催されたイベント

声優さん達による生歌、朗読会などが披露されたほか、「文化祭」ということで(?)イベント参加者も巻き込んでの大玉送りを行うなど、昼夜ともに最高のライブとなりました。

7.地上波ドラマ部門

わたしを離さないで

f:id:dd-y-kaze:20161231192405p:plain

山の中にある陽光学苑で生活していた恭子。この学苑では子どもたちが寄宿舎で生活を共にし、教育を受けていた。ある日、学苑に新しい教師・堀江龍子が赴任してくる。校長の神川恵美子の教育理念に魅かれて志望したという龍子だったが、子どもたちの教育を目の当たりにして何か違和感を覚える。
そんな時、恭子たちは神川校長から“大事なこと”を教えられる。
「あなたたちは生まれながらにして『使命』を持っているのです」―。

8.地上波ドラマ主題歌部門

THE YELLOW MONKEY/砂の塔  ー テレビドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」主題歌

www.youtube.com

9.スマホゲーム部門

シャドウバース

f:id:dd-y-kaze:20161231193120j:plain

10.据え置きゲーム部門

PS4 ワールドオブファイナルファンタジー

f:id:dd-y-kaze:20161231193511p:plain

11.携帯ゲーム部門

N3DS 「ポケットモンスター サン・ムーン」

f:id:dd-y-kaze:20161231193806j:plain

12.アーケードゲーム部門

ガンスリンガーストラトス3

f:id:dd-y-kaze:20161231194039p:plain

13.ゲーム主題歌部門

瑞葵/イノセント² ー PS4・PSvitaソフト「ワールドオブファイナルファンタジー」主題歌

www.youtube.com

14.ゲームエンディングテーマ部門

ワールド・パレード ー PS4・PSvitaソフト「ワールドオブファイナルファンタジー」エンディングテーマ

www.youtube.com

15.ゲームBGMテーマ部門

ゆよゆっぺ/オレを越えて行け ー アーケードゲームガンスリンガーストラトス3」 東京、新宿ステージBGM

www.youtube.com

16.漫画部門

鯨川リョウ/秘密のレプタイルズ

f:id:dd-y-kaze:20161231200611j:plain

営業マンである主人公「海原入鹿」は営業周りの最中、ふと目に付いたペットショップへ癒しを求めて立ち寄る。そこで彼は爬虫類偏愛・激推しなペットショップ店員「長良永」と出会い…?

17.声優部門

花守ゆみり

 

受賞されました皆様におかれましては、本当におめでとうございます。

今後もより一層、ご活躍されることを祈っております。

 

ブログ

twitterを始めてからというもの、twitterを通してだったりリアルでだったり数多くの楽しい思い出があるけど、いつかそれらの思い出の記憶が曖昧になったり、ひょっとしたら忘れてしまうのではないか、、、ならばこれからの思い出は記事にしていつでも読める状態にしておければいいんじゃないか

そんななんとなくからこのブログは生まれました。

ということで、普段はtwitteにいますが、ときどきtwitterの延長として,レポートを書くような感覚で使ったり使わなかったりしていきたいと思います。これから宜しくお願いします。